カンボジア検品場

カンボジア検品場

日米欧各国はカンボジアからの輸入品に対して特恵関税政策を実施していて、加えてカンボジアは安価な人件費のメリットがあり、各国の労働集約型企業はますます多くの委託生産ラインをカンボジアに移転しています。ヨシダ検品株式会社は、2016年にカンボジアの首都プノンペンに、検品場を設立しました。 工場は1200㎡で、従業員40人、検品ライン4、HASHIMA製の検針機1台を導入しています。1日あたりの検品数量は1.2万点で、検針数量は1万点です

カンボジアの検品場は、日本方式管理を実行しています。全数検品、抜取検品、検針、包装、梱包、その他のサービスを提供してます。ご要望に応じて、検査内容を実施し、製品の品質を安定させ、不良リスクを削減します。

WordPress Image Lightbox Plugin