サプライヤー工場調査・監査

工場監査は、取引先の状況や起こりうるリスクを予測するために必要です。作業工程やメンテナンス記録にばらつきで、品質を一定に保つことができなくなります。出荷品に異物混入などの不良品が混じらないよう、不良品の保管方法も丁寧な処理が行われていることが大切です。
第三者によって工場監査を行うことにより、改善すべきポイントが見えてきます。問題点だけを改善することが目的ではなく、発生した問題点にどのような取り組みをしているかも評価の対象となっているのです。

工場調査監査の種類:

1 お客様工場調査・監査代行
2 新規取引先選定監査
3 既存取引先定期監査
4 不具合発生時点の監査代行

期待効果:

1 コストと時間の節約(中国や東南アジアへの出張費用削減)
2 製造品質面、環境面の初期段階でのリスクの最小化
3 サプライヤー選定時の優先順位づけ
4 製品及びサプライヤーの質の維持(定期監査)
5 不具合発生の未然防止(定期監査)