出張全数検品

内容:

1 事前にOTM参加可能
2 生産進捗により、派遣人数を調整するのは可能
3 検品環境確認必要:工場側が検品に適合した場所(スペース、清潔、照明)を提供し、包装梱包エリア、検針エリア、良品・不良品エリアを確保
4 検品後の良品、工場側は直ちに包装梱包を手配
5 通常包装梱包は工場側に任せているので、包装梱包は5%を抜取確認
6 不良率30%以上の場合、お客様に報告し、検品続行するかを確認
7 検品日報:翌営業日に提出可能
8 Wechat・QQ・Skype・Email連絡可能

メリット:

1 生産現場での検品で、不良内容工場側に共有し、品質の向上に貢献
2 生産現場の改善改革意識の高揚に繋ぐ
3 無駄なコストの削減ができる
4 生産進捗により、検品手配を並行し、対応に要する時間の短縮 ※工場全体の品質管理システム改善がお客様の利益向上・満足度向上に繋ぐ
5 日本語で迅速に対応。